一般社団法人 奈良県薬剤師会

Nara Pharmaceutical Association

ヤマザクラ
Prunus jamasakura Siebold ex Koidzumi.

本州の関東地方以西、四国、九州及び朝鮮半島に分布し、山地に生える落葉高木。樹高は20mに達し、幹は直立し、分枝する。葉は、柄があり、卵形。長さ10cmで、縁にきょ歯がある。花期は4月。花は、葉と同時に出て淡紅白色。花柄は2cmで、基部に苞葉があり、がく片は5枚、花弁は5枚。 薬用部分は、樹皮で、生薬名を桜皮(オウヒ)という。

オウヒから抽出したオウヒエキスは、一般用医薬品のかぜ薬、鎮咳去痰薬に配合されているほか、医療用医薬品であるブロチンシロップやサリパラ液の主な有効成分として配合されている。

(奈良県薬事研究センターよりご提供)

[↑]