奈良県薬剤師会

薬用植物紹介


ウコン
Curcuma longa Linné

ショウガ科の多年草。熱帯アジア原産で、インド、中国南部、台湾、東南アジア、沖縄などで栽培されている熱帯植物。日本では冬に地上部が枯れる。

ウコン類には多くの近縁・類似種があり、基原植物の分類は難しいといわれる。また日本の「ウコン」は中国では「姜黄」、塊根を「鬱金」といい、生薬の認識に違いがある。

日本では、次の2つも一般に"ウコン"と呼ばれることがある。

形態:
高さ50〜150cm。葉は、長い柄のある長楕円形で両面とも無毛でツルツルした手触り。花期は夏〜秋。白い花として見られるものは、多数の苞葉(ほうよう)からなる花穂(かすい)である。花は黄色で、苞葉の中に咲く。根茎は主根茎と側根茎からなり、肥厚する。切断面は黄〜オレンジ色をして芳香がある。
成分:
クルクミン、精油、でんぷん、脂肪油、など。
利用部分:
根茎。晩秋に地上部が枯れたら掘り上げ、薄く切って生で又は乾燥し粉末に。
用途:
薬用……利胆、芳香性健胃、鎮痛、駆お血、消炎止血、など。
食用……カレー粉原料、香辛料、着色(たくあん漬け)、お茶、など。
ほか……染料(身体、衣類)、防虫・抗菌、など。
生薬名:
鬱金(うこん)……根茎をそのまま又はコルク層を除いたものを、通例、湯通ししたもの。
漢方処方:
中黄膏(ちゅうおうこう)……初期のはれもの、打ち身、ねんざに。
別名:
秋ウコン、キゾメグサ、ウッチン、ターメリック、クルクマ、インドサフラン。

(奈良県薬事研究センターよりご提供)

[↑]