奈良県薬剤師会

薬用植物紹介


シオン
Aster tataricus Linne fil.

キク科(Compositae)。中国北部、シベリア、朝鮮原産の多年生草本。高さ1.5〜2m。茎は直立し、上部で分枝する。根生葉は大形でへら状の楕円形、茎葉は長楕円形で先は尖り、鋸歯があって互生する。

9〜10月、枝先に径2.5〜3cmの頭状花を多数付ける。舌状花は淡紫色、管状花は黄色。根は細い主根から多数の細根を出す。これを乾燥したものを紫苑と称し、漢方及び民間で鎮咳・去痰・利尿薬として用いられる。

日本に伝わった時期は明確ではないが、古い時代に薬草として入り、花が美しいので、その後、観賞用としても栽培が盛んになった。「源氏物語」に記載があることから、平安時代にはすでに栽培されていたと思われる。広島、大分、宮崎、熊本など一部に自生のものがあるが、これは栽培種が野生化したもの。

紫苑の「苑」とは草木が繁る意味で、紫苑は紫色の花が群がって咲くことを意味する。紫苑の読み「シオン」は中国音「ジワン」が訛ったものといわれる。

採取時期:
10〜11月
調製法:
細根をほぐすようにして土を洗い落とし、日干しにする。
性味:
性は辛、味は苦
帰経:
肺経
成分:
アステラサポニン、シオノン、エピフリーデリノールなどを含む。
用法・用量:
1日3〜10gを水300ミリリットルで1/3量に煎じ、3回に分けて服用。
漢方処方例:
紫苑散、射干麻黄湯
その他:
紫苑は局外生規に収載されており、別名として「紫苑」を用いてもよいとされている。

(写真、文ともに奈良県薬事指導所提供)

[↑]