奈良県薬剤師会

薬用植物紹介


エンゴサク
Corydalis turtschaninovii Bess. forma yanhusuo Y.H.Chou et C.C.Hsu

ケシ科(Papaveraceae)。中国各地の山林に分布、または淅江省で栽培される軟弱な多年生草本。高さ10〜20cm。塊茎は偏球状。4月頃、スミレに似た赤紫色の唇形花を横向きに付ける。

エンゴサクの塊茎を乾燥したものを「延胡索(エンゴサク)」と称し、鎮痛、鎮痙、鎮静薬として腹痛、生理痛に用いる。この中国種は享保年間(1717〜1735)に初めて伝えられたとされる。

日本にはジロボウエンゴサク Corydalis decumbens(Thunb.)Pers.、ヤマエンゴサク Corydalis linearilo ba Sieb. et Zucc.、エゾエンゴサク Corydalis ambigua Cham. et Schlecht. 等の野生種があり、エゾエンゴサクが中国種に最も近い種とされる。しかし、これら在来種は品質が劣ること、産出量が極めて少ないことから、国内の市場品は中国と朝鮮産が大部分を占めるのが現状である。

採取時期:
5〜6月
調製法:
茎葉が枯れた頃、塊茎を掘り取り、外側の薄皮を切り取って水洗し、沸騰した湯の中に入れて煮る。内部に白い芯がなくなり、黄色くなったら取り出し、日干しにする。
性味:
性は温、味は辛・苦
帰経:
肝・脾経
成分:
アルカロイド(1-コリダリン、プロトピン、コプチシン、d‐テトラヒドロパルマチン等10種以上)を含む。
用法・用量:
延胡索2〜5gを一日量として、水200mlを加えて半量になるまで煎じ、一日3回に服用。ただし、妊婦には禁忌。
漢方処方例:
安中散、折衝飲、牛膝散
その他:
延胡索の基原植物は局方において、中国種であるCorydalis turtschaninovil Bess. forma yanhusuo Y.H.Chou et C.C.Hsuに限定されている。

(奈良県薬事研究センターよりご提供)

[↑]