一般社団法人 奈良県薬剤師会

Nara Pharmaceutical Association

在宅医療研修会〜「在宅緩和ケアにおける薬剤師の役割と他職種連携」について〜

日時:
平成24年12月8日(土)14:0016:00
場所:
奈良県社会福祉総合センター 5F 大会議室(橿原市大久保町320-11)
JPALS研修会コード:
29-2012-0008-G01
内容:
時間 内容
挨拶
隅田 重義(地域連携委員会 委員長)
14:00〜15:30 講演
  1. 「在宅での看取りとは」
    河田 安浩 先生(ちゅうわ往診クリニック
  2. 「最期は在宅でとの希望を叶えるために実例をふまえて」
    石原 祐佳 先生((社)奈良県看護協会立訪問看護ステーションやわらぎの郷 所長
  3. 「薬剤師が在宅訪問するために必要な他職種連携」
    木曽 江律子 先生(橿原市介護支援専門員連絡会 会長
15:35〜16:00 パネルディスカッション
「在宅緩和ケアにおける薬剤師の役割と他職種連携」
〈パネリスト〉河田 安浩 先生、石原 祐佳 先生、木曽 江律子 先生、中本 政容(地域連携委員会)
司会:
光岡 千賀子(地域連携委員会)
申込方法:
申込用紙[PDF]にご記入のうえ、奈良県薬剤師会事務局(FAX:0744-22-2739)までお申し込みください。
申込締切:
平成24年11月29日(木)
備考:
  • (財)日本薬剤師研修センターの研修認定(1単位)を申請予定です。

[↑]