研修会・イベント

第16期(令和4年度)製薬技術研修会について

2022-03-09

今年度も「第16期製薬技術研修会」を製薬薬剤師セミナーと合わせて、1ヶ年間10回シリーズとして昨年度に引き続きハイブリッド形式(会場・Web)で実施することといたしました。

昨今、日本の医薬品製造に対する信頼性を揺るがせる事件が発生している中、医薬品業界全体として信頼回復に向けての取り組みを行う必要があります。当会としても、今年度のテーマを「奈良の医薬品業界は激変する薬を取りまく環境変化にどう対応するのか?」としました。

この研修が、奈良県製薬業界の技術向上および新製品の開発発展に多少なりとも寄与できますれば、幸いに存じます。薬剤師に限らず、各社の技術担当者および開発部門の社員様に加え、工場長・品質部門責任者様にも広く多数のご参加をいただきたくご案内申し上げます。

開催要領に従ってお申し込みくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

開催要領 開催時期

令和4年4月~翌年3月で計10回(原則、木曜日午後開催の予定。ただし諸般の事情により日程を変更する場合があります。変更の場合は都度、ご連絡いたします。)

研修内容

テーマ「奈良の医薬品業界は激変する薬を取りまく環境変化にどう対応するのか?」として下記の研修スケジュールのとおり

講師

下記の研修スケジュールのとおり

研修方式

ハイブリッド形式(会場参加・Web(Zoomウェビナーによるライブ配信))

主催

奈良県製薬薬剤師会
共催:奈良県製薬協同組合

通年参加について ア.申込方法・〆切日

通年受講申込書に記入の上、郵送またはFAXにて薬剤師会へお申し込みください。
〈申込締切〉3月31日(木)

イ.参加費用

下記会費を4月15日(木)までに薬剤師会口座へ振込、またはご持参ください。

参加可能数 費用(1社/年) 会員企業 会員外企業 1ユーザ(Web参加)または1名(会場参加) 15,000円 30,000円 1~複数ユーザ(Web参加)+1名(会場参加) 30,000円 60,000円 ウ.資料等の提供方法

薬剤師会ホームページよりダウンロード提供します。詳細は各回お送りする招待メールをご確認ください。

単回参加(または通年受講申込の参加可能数を超える参加)について ア.申込方法・〆切日

開催案内に添付される単回参加申込書にて薬剤師会へお申し込みください。
※本会会員に郵送される他、県薬ホームページにも掲載されます。

イ.参加費用

下記会費を研修会当日までに薬剤師会口座へ振込、またはご持参ください。

  参加可能数 費用(1ユーザまたは1名/回) 会員企業 会員外企業 1ユーザ(Web参加)または1名(会場参加) 1,500円 3,000円 ウ.資料等の提供方法

単回参加申込書にご記入いただいたメールアドレスにデータをお送りします。

申込先

奈良県橿原市久米町926
一般社団法人 奈良県薬剤師会
(FAX:0744-22-2739)

参加費用 入金先

〈振込先〉南都銀行神宮前支店 (普通)No.0500290
〈口座名義〉一般社団法人 奈良県薬剤師会 製薬会

その他注意事項 Web配信される動画の録画・録音・情報の無断公開等はしないようにお願いします。 会場参加の場合、マスクの着用など、感染症対策へのご協力をお願いします。 感染症拡大防止の観点から会場参加は定員を設けます。ご容赦ください。 実習は座学とは別途申込・別途費用が必要です。後日、申込要領等をご案内します。